一般財団法人 瑞陵高校助成基金は、瑞陵生の学びを深めるための支援を行っています。

IT2018速報_01

第6回海外学習支援事業の速報(1)

1P   2P   3P   4P   5P   6P   7P   8P   9P   10P   11P   12P   13P   14P   トップ  

出発します

平成30年3月21日(水) 午前7時10分からセントレア・中部国際空港にて簡単な出発式の後、成田空港経由にて一路イタリアに向けて出発しました。出発式は、参加生徒及びその保護者の方々、学校から新井校長先生・篠原教頭先生、財団から青山理事長・牛田理事が参加して行いました。
【出発式にて】
生徒さんと同行の加藤先生


以下は、10時55分の添乗員の牧瀬さんからの連絡に基づいたものです。

 本日は早朝よりお見送り頂いて有難うございました。
 予想通り、中部国際空港は朝から国内海外共に出発のお客様で混んでおりました。出発式後の私達も25分ほどかかりましたが、保安検査を終えて搭乗口に着くと、丁度搭乗がはじまるところでした。


JAL3082便(中部国際空港8時35分発、成田国際空港9時20分着)
 まさに、あっという間に到着しました。一つ、移動を終えただけですが、これからの期待に会話も弾むようです。
 下の写真は成田空港で日本出国後に撮った一枚です。このあとは、11時10分頃から 搭乗が始まります。
 
 JL413便(成田国際空港11時30分発、ヘルシンキ・ヴァンター国際空港15時00分着)
 AY1755便(ヘルシンキ16時05分発、ミラノ・マルペンサ国際空港18時05分着)
 時間は現地時間で、時差はヘルシンキが7時間、イタリアが8時間です。日本時間には+7または+8時間します。

【出国ゲートを通って】
ここは日本の外です

 次回の連絡は、ヘルシンキからを予定していましたが、乗り継ぎ時間が短く、EU圏への入国審査等のため、ミラノ到着後になりました。

ヘルシンキに到着しました

 日本航空 JL413便は定刻よりやや遅れ12時15分に成田空港を離陸し、先ほど21時48分(現地時間14時48分)にヘルシンキ・ヴァンター空港に到着しました。
 

ミラノに到着しました

 乗り継ぎ便のフィンランド航空 AY1755便は、ヘルシンキ・ヴァンター空港を現地時間16時18分にミラノ・マルペンサ国際空港に向けて離陸し、17時54分(イタリア時間)に着陸しました。


【フライト状況の追跡】
 ※ 最近は、国内にいながら搭乗便の飛行の様子をリアルタイムに知ることができるようになりました。下図は、着陸直前の飛行経路のデータ画面に、ターミナル到着後のデータ画面を合成したものです。 
この画像は合成です 



以下は牧瀬添乗員さんからの6時01分の連絡に基づきます。

 
1日目の行程を終了しました。
JL413便 成田国際空港 12時15分発   ヘルシンキ空港 14時48分着
 時差の関係で約10時間の飛行でも、日付は3月21日のままです。機内のアナウンスでは「気流が悪いところがあり、所々揺れがでてきます」とのことでしたが、そこまでの荒れることはありませんでした。他にもJAL便ですので、日本独特の細やかな気配り、サービスを体感しました。ですので、まだ外国に行くという気持ち半分で 参加者の皆さんも出来る限りリラックスしつつ、空の時間を過ごしていました。機内食の味に不安があった方も、どうやらおいしく食べてもらえたみたいです!
 下の写真は、機内からヘルシンキ周辺をとったもので、まさに森と湖の国の風景がバッチリと見えてました。海のように見えますが、森です。
機内からのヘルシンキ周辺の風景
 
 ヘルシンキ到着後は、速やかに行動し、保安検査と入国審査を済ませて次の搭乗口へ。少し自由時間もとることができましたので、空港内の様子を見てもらいました。売店にどんな品があるか、バーで寛いだ様子の搭乗客、北欧らしい雰囲気の店の構え等、目移りしてばかりだったようです。
ヘルシンキ空港で 
 
AY1755便 ヘルシンキ空港 16時18分発  ミラノ空港 17時54分着
 飛行時間は約3時間30分でした。各地の気温は、成田7℃雨、ヘルシンキ-5℃曇、そしてミラノは8℃曇でした。まだ小さいですが、街路樹のいくつかに 春の花の開花を見つけながら、市内へとバスで移動しました。
 
 夕方はミラノは車の流れが悪く、一時間強かけてレストランへ。イタリア最初の料理は、ショートパスタの入ったミネストローネに、鱈のトマトソース煮込み、甘いパイケーキです。
レストランでの様子


レストランでの様子


 その後ホテルでチェックインをすませ、イタリア時間21時10分ようやく長い1日目が終了しました。早めに休んでもらい、明日からの研修に備えてもらいたいです。


 ところで、成田からのフライトの間、JLのクルーから皆さんにささやかなプレゼントがありましたので、カメラにおさめさせてもらいました! 同じように団体で搭乗しても、こういうことはいつもあることではありません。プレゼントは、実際の飛行ルートを記録した図を小さくわけて、しおりにしたものです。ジグソーパズルのようなもので全部集めるとルートマップが完成するだとか。さい先よく、いい記念品をもらえました。
【クルーからのささやかなプレゼント】
いただいたしおり


いただいたしおり

 

 この後は、2ページ目に続きます