一般財団法人 瑞陵高校助成基金は、瑞陵生の学びを深めるための支援を行っています。

US2019報告集_日程5

 第7回海外学習助成事業の報告集 3月24日前半 1年YNKさんのレポート 

 参加者から提出された報告レポートです。個人名や写真の表現・配置等にオリジナルとは異なる点はご容赦ください。皆さんのレポートは下の日付をクリックして頂くとご覧いただけます。

 3月21日分  3月22日分  3月23日分 続き   3月24日分 続き 
 3月25日分 続き  3月26日分  26~28日  個人別レポートへ  財団トップへ戻る

スミソニアン博物館群とメトロポリタン美術館見学8日間の旅

3月24日(日) 4日目前半 

ジェファーソン記念館
 アメリカ合衆国第三代大統領トーマス・ジェファーソンヲ記念して建立されたもので、研修に行くまではリンカーンやワシントンに比べあまり聞いたことがない大統領の名前だったのですが、前日に公文書館に行かせていただきジェファーソンの作成した独立宣言のオリジナルを見た翌日に向かったので、ジェファーソンのこともっと真剣に見つめることができました。

US2019_D4A_1.jpg US2019_D4A_2.jpg US2019_D4A_3.jpg

 中は天井がとても高く隙間があるのでとても風が抜けやすくて寒く声が響くようになっていました。中央に配置されているジェファーソンの銅像はリンカーンの銅像と同じく人間よりもはるかに大きなサイズでした。その表情はとてもりりしいものとなっていて、ガイドさんの話で聞いた一日以上休まず独立宣言を書き上げた話や、とても頭がよくいろいろな職業を持っていたという話を思い出すような表情でした。アメリカではいろいろな銅像をたくさん見ましたがどれも違った表情を持っていて、この銅像はとても姿勢よくたっていることからもアメリカ人のイメージが表れているのかなと思いました。
 ここはリンカーン聖堂と違い人が少なかったためかとても静かで荘厳な雰囲気でした。雰囲気としてはアーリントン墓地と似ていました。中にはごみ一つ落ちていなくて、とてもキレイで誰かが掃除をしているのかななんて少し思っていました。

US2019_D4A_4.jpg US2019_D4A_5.jpg US2019_D4A_6.jpg US2019_D4A_7.jpg

 上は壁に描かれた、独立宣言でとてもきれいなのですが四枚中三枚が銅の錆が垂れているのか青緑色になっていてなぜ一枚だけ垂れていないか気になりました。

US2019_D4A_8.jpg

 ジェファーソン記念館の中にあるジェファーソンの銅像が向いている方向の景色がとてもきれいだったので写真を撮ったのですが、このジェファーソンの銅像はホワイトハウスを向いているそうなのです。ちょうどホワイトハウスの前には木や建物がなくきれいにジェファーソンからも見えるようになっていました。リンカーン聖堂のリンカーンの銅像は国会議事堂を見ていて、その二つの銅像の視線がちょうど交差点のように交わっていると聞いてとてもかっこいい街だなと思いました。建物の立地や銅像の向いている向きにまで意味があるなんてびっくりしました。この写真の中でほんのりピンクに咲いている気は日本から送られた桜だと聞いてもう少し後にきていたらきれいに咲いたのかなと思い、また来てみたくなりました。桜はもう寿命を迎えようとしているものは徐々に切られているそうでいつまでもここに桜があればいいなと思いました。

US2019_D4A_9.jpg

ロナルドレーガン・ワシントン・ナショナル空港

 ここでニューヨークへの国内線に乗りました。私は日本の国内線に乗ったことがあるのですが、ペットボトルの持ち込みが禁止されているなど日本よりもかなり厳重な手荷物検査があって、国際線に乗っていても比較ができないアメリカの警戒心の高さを再確認しました。機内では一列四席のとても細い飛行機でびっくりしました。