平成26年度 第4回Zuiryo English Campのまとめ

以下は、瑞陵高校より頂いた概要報告です。

最初に

 今回は、近年人気の高まっている英検を取り入れて実施しました。
今回も、日本福祉大学英語教育チームを先生に迎え、1年11名、2年16名、3年生2名 計29名の生徒が参加し、下記アンケート結果から見える様に、皆さん、満足して一日を終えることができたと思います。
 

アンケート結果

Q1. しっかりと活動(参加)できましたか?
   しっかりできた 14
   できた 12
   できなかったが努力した 3
   全然できなかった 0
 
Q2. 一番力を入れた(印象に残った)活動は何ですか?   
   リスニング 7
   長文読解Jeepney 15
   大学生による体験談のプレゼン 11
   面接試験へのトレーニング 12
                           
Q3. あまりためにならなかった活動はありましたか?それは何ですか?
   特になし
 
Q4. 研修全体を通じてどう思いましたか?       
   非常によい 18
   よい 11
   普通 0
   悪い 0
  ※「充実した一日を過ごせた。」
   「英語の勉強の仕方が分かった。コツがつかめた。」
   「新たな発見があった。」
    などのコメントがありました。
 

まとめ

 今回は20名程度が初めての参加で、最初は不安な人もいましたが、「一日中、英語漬けなので、頭がとても疲れた。」「これまでで一番英語を話した一日でした。最初は辛かったけど、途中から少しずつ慣れてきて、自然と口から単語が出てくるようになった。精神的に疲れたが、終わってからは達成感で一杯だった。」「3回目のEnglish Camp参加ですが、この雰囲気を楽しむことができるようになりました。」のコメントのように初めての人も常連の人も満足してもらえたようです。

 今回、英検の教材を盛り込み取り組みましたが、参加した生徒は、客観的な英語力の指標としての英検資格を目標にしながらも、さらにそれを超えて英語を使って何ができるのか?へ意識が向けられたようでした。「もっと海外の人と話をしてみたい。」「大学生のプレゼンが面白く、ためになった。自分たちでもプレゼンを実際にやってみるのも良いと思った。」など更に積極的に取り組みたいという意見が出ており、次回への参考にしていきたいと思います。
 

謝辞

  
 今回も、一般財団法人瑞陵高校助成基金の補助を頂き、ありがとうございました。